ホームへ
ホーム >> 研修案内・保育ニュース >> 大会報告 >> “緊急”「保育制度に関する説明・意見交換会」

研修案内・保育ニュース

“緊急”「保育制度に関する説明・意見交換会」

主催:宮崎県保育連盟、
共催:宮崎県保育推進連盟

平成21年1月26日、宮崎市のサンホテルフェニックス国際会議場にて“保育制度に関する説明・意見交換会”が執り行われました。会場には、県内会員の園長をはじめ保育士等、また、国会議員関係者・県会議員・各地区からの議員の方々の来場もあり四百人強の参加者の下、『新たな保育の仕組み』反対(現行制度維持を!)をスローガンに熱き意見交換が実施されました。

初めに、理事長より「会員一同になってこの問題を断固阻止しよう」と開催趣旨の説明があり、また、1月19日に参議院予算委員会にて保育制度について代表質問をされた「椎名一保議員」のテレビ中継のビデオ上映は、会員の現状認識を再度強める事となりました。


椎名一保議員(参議院予算委員会)

舛添大臣

鳩山大臣

その後、地区ごとに分かれた意見交換会を実施し、全体会でグループごとの意見の発表が行われました。多くの方々の現場からの声に会場の会員からは多くの拍手が沸き起こり改めて現行制度維持の必要性が如何に重要であるかが伝わってきました。


グループ別意見交換会

全体会発表・まとめ

午後からは、宮崎県保育推進連盟会長の熱のこもった挨拶に始まり、厚生労働省児童家庭局少子化対策企画室長をお迎えして、現状の説明と質疑・意見交換が行われました。

企画室長との質疑応答では、受給権・応諾義務・契約等に関する問題点等多数質問が出され、宮崎県の保育関係者の熱き思いが企画室長へひしひしと伝わってきた意見交換会でした。


厚労省児童局少子化対策企画室長

会場内で一致団結した会員

意見交換会終了後、宮崎県保育連盟としての意見が取りまとめられました。

ホーム >> 研修案内・保育ニュース >> 大会報告 >> “緊急”「保育制度に関する説明・意見交換会」

ホームへ

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22 宮崎県福祉総合センター内
一般社団法人 宮崎県保育連盟連合会 事務局
 TEL:0985-28-5835 FAX:0985-28-5989
Copyright (C) M-Hoiku 2007 All rights reserved. Since 2007/01/01